乳歯の治療

子供の咬み合わせや歯並びが悪いと思ったら、乳歯のうちでも受診が必要?

A 気になる生え方などがある場合は、気軽に来院して下さい。

・永久歯列へのよいバトンタッチをめざして

矯正歯科医が乳歯列期の子供を診る場合のポイントは、現在の状況が、将来の永久歯の歯並びにどういう影響を及ぼすかということです。また乳歯が永久歯に生えかわるときには、成長発育を邪魔するもののない、良い状態にしておきたいと考えます。その為には幼稚園時代から矯正装置をつけることもあります。どうせ生えかわる歯だからとほっておかずに、乳歯でも気になることを矯正歯科に相談して下さい。永久歯になったときの、不正咬合の予防につながります。

・乳歯のうちでも治療を始めたい

受け口と交叉咬合。乳歯列記(四~五歳ごろ)矯正歯科治療が必要になる不正咬合の例としては、まず、受け口(反対咬合)や交叉咬合が挙げられるでしょう。反対咬合は「乳歯の前歯が犬歯まで六本、逆に咬んでいないか見て下さい」という注意をします。六本という点が、ポイントです。四本なら自然に治ることもあり、永久歯に生えかわるまで様子を見守るという事でよいでしょう。交叉咬合は、自然に治る事はなく、大きくなってからでは、治療が難しくなり、顔に矢が見も治 しにくくなりま、顔のゆがみも治しにくくなります。その為乳歯列記の早期治療が重視されます。交叉咬合になる原因は、四~五歳まで長く続く指しゃぶりによる場合が多く、指しゃぶりによって上の歯が前方に突出して歯列の幅が狭くなると、咬んだ時に上下の乳犬歯がぶつかるように

なり、横にずらして咬む習慣がついてしまうのです。交叉咬合に気づくためには、次のような点の注意が必要です。

  1.  片側の奥歯が横にずれるために、上下の前歯の中心線がずれている。
  2.  口を閉じたときに、下くちびるが一方的にゆがむ。
  3.  顔を正面から見ると、非対称になっている。

治療法は、まず指しゃぶりをやめさせ、狭くなった上あごの歯列を矯正装置で拡げて、元の歯列の幅を回復します。乳歯列期で早めに矯正すると、あごや顔のゆがみも治りやすいという事がいえるでしょう。

・指しゃぶりによる「出っ歯」や「開咬」も要注意

指しゃぶりによる出っ歯や開咬の状態は、歯を取り囲む筋肉の発達にも影響しますし、口元を開いて呼吸をしたり、口元が突出して外見も悪くなります。何よりも、乳歯列期は食べ物をかんで飲み込む咀嚼や嚥下、発音、呼吸などの大切な機能をし習得する時期です。乳歯列期の出っ歯や開咬の状態は、これらの機能の発達に悪影響を及ぼす事を忘れてはなりません。指しゃぶりなどのくせをやめさせる指導を行ったり、簡単な取り外しの装置を入れたりして、出っ歯や開咬の治療をすることも、ときには必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です