ポーセレン冠

インプラントが、 儲け主義の歯科医たちの絶好の稼ぎになっているといった事実があります。とくに歯槽膿漏治療を熱心に行う歯科医たちは、ポーセレン冠の不適合のために腫れたと考えられる例を、これまで多く診て「ポーセレン冠はよくない」と嘆いてきた。技術不足の歯科医・技工士が、 従来かなりいたようだ。 金属冠より健康面で害が出やすいのは、構造が複雑なため、 ぴったりに仕上げにくいからだ。 作った冠の形が悪かったり、少し構造が不適切だったりすると、とたんに歯垢がつきやすくなる。とくに冠縁の作りかたが難しい。ぴったりかどうかは、しばしば大問題になる。この精度が糊 悪いと、金属冠でもポーセレン冠でも、どちらでもいけない。ポーセレン冠は、強度を受けもつ金属の上に、金属の色を隠す不透明な陶材の層と、ポーセレンの層とを盛りあげる。金属冠は一層なのに、メタルポンドは三層になる。そのうえ、焼き上げるときの収縮も考えねばならず、焼き上げてからの微調整も、金属冠とちがって難しいのだという。 冠をできるだけ上下に短く作り、浅くかぶせて、冠縁を歯肉と離して仕上げ、よくブラシを使えば、歯と歯ぐきの境目に歯垢がたまるのを、極力防ぐことができる。歯を大事にして、きちんと磨く患者の金属冠なら、こういう冠に仕上げようと努める歯科医もかなり多い。こうしないと、歯槽膿漏になりやすいからだ。 ところがポーセレン冠だと、もともと見ばえ第一だから、どうしても陶材と天然歯の境目が見えるのはぶざまと考える。 また、ポーセレン冠の金属部分を、金や白金加金など貴金属系でつくれば問題ないのだが、金属部にニッケルクロムなどの合金(非貴金属系)を使うと、金系を使うより多少安くできるが、かぶせたあとでイオン溶出などのため、歯ぐきが黒くなってくることがあるという。見ばえをよくしたいのに、歯肉が黒まだらになっては、患者から苦情が出る。 こんな事情が重なって、ポーセレン冠の場合はとくに、冠縁を歯ぐきの中(歯肉縁下)におさめることになる。冠の縁が歯ぐきの中に入ると、とくに冠縁がぴったりでなく、歯との聞にすき間が あった場合、歯槽膿漏を誘発することになりかねない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です