子どもの溝埋め虫歯予防

溝埋めの周りに酸処理した半透 明の歯面(二日ほどで元に戻る)があることを、母親も確認できるという。 これらのコツを会得している歯科医にかかれば、大丈夫なのだが、現実に 単科の小児歯科を探すのはなかなか、それが分からない。 熱心そうな歯科医院に、子どもの六歳臼歯の溝埋めを頼んだら、溝を削って詰められてしまったと、泣かんばかりの母親も出ている。同様の例が、医事紛争で紹介されたこともある。これらの失敗経験談などから、まず間違いない歯科医を探すには、この場合、電話帳などで小児歯科だけを診療科にあげている歯科医院をみつける手が、よさそうに思える。むろん、そうでない歯科医で、上手に溝埋めしてくれるところもたくさんあるに違いない。なお、虫歯予防は、これだけで十分というわけではない。溝埋めが外れると、かなり高率で虫歯になる。それにそもそも、奥歯だけだ。まだ付いているかの定期検診や、甘味を減らすことなど総合的な「関心」を、ほどほどでよいから、持ちつづけたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です